地盤調査・改良工事のエキスパート

薬液注入工法

この工法は、地上から建物基礎下の軟弱層に向けて薬液注入を行い、軟弱層を固めてその反力によって家屋の沈下修復を行うものです。薬液注入は数次にわけて行い下部が固結した後その上部へ注入を行います。

特徴

  • 基礎下を掘削する必要がないため、他の工法と比較すると工期が短い。
  • 家に居住しながら工事をすることができるので、引っ越しの必要性がありません。
  • 大きな機械を使用しないので、振動、騒音もなく安全に作業が可能です。
  • 重機等を使用しないので、狭い場所での施工が可能です。
  • 地盤全体を固めるので、その後の変状が起こり難い。
  • 地震に対する耐久性が高くなる。

作業手順

  1. 住宅の下方に向け所定の深度まで削孔
  2. 削孔完了後は注入パイプを残し、次孔の削孔を行う。
  3. 計画数量箇所の注入パイプを設置する。
  4. 設置した注入パイプに薬液注入を開始する。
  5. 注入は、設置した注入パイプに定量をローテーションで注入を行う。
  6. 地盤を強化後、少量ずつ地盤の隆起を促す。
  7. 家屋の測定をしながら、家屋全体の修正が完了するまで注入を行う。

作業写真

車上プラント
材料入荷
削孔(ボーリングマシン)
削孔(ハンドボーリングマシン)
注入パイプ設置
薬液注入

加盟団体