地盤調査・改良工事のエキスパート

耐圧板工法

この工法は、基礎下部に耐圧版(鉄板)を敷設しこれを反力板としてジャッキを使用し家屋を持ち上げる工法です。支持地盤が浅い位置にあり充分な強度がある場合に使用可能です。

施工概略図

特徴

  • 鋼管杭圧入工法と比較すると工期が短く、費用が安価です。
  • 家に居住しながら工事をすることができるので、引っ越しの必要性がありません。
  • 大きな機械を使用しないので、振動、騒音もなく安全に作業が可能です。
  • 重機等を使用しないので、狭い場所での施工が可能です。
  • 施工精度はmm単位で施工が可能です。

作業手順

  1. 耐圧版設置箇所の基礎下を人力により掘削を行う。
  2. 治具を設置する地盤を、固化材で補強する。
  3. 補強した地盤の上に耐圧版・治具を設置し、その中にジャッキを設置する。
  4. 家屋を測定しながら、ゆっくりとジャッキアップを行う。
  5. 家屋が水平になったら、固定治具のナットを締めて固定治具を固定し、ジャッキを外す。
  6. 固定治具箇所以外は掘削土によって埋め戻し、ジャッキアップによってできる基礎下の空隙部分と固定治具をエアーモルタルによって充填する。
  7. 家屋周囲の埋め戻し、整地を行い、完了する。
固化材補強工事
ジャッキアップ工事
空隙重点工事

作業写真

トンネル入口掘削
トンネル掘削
耐圧版敷設地盤の固化材補強
耐圧版・治具を設置
ジャッキアップ
固定治具の固定
掘削土による埋め戻し
モルタル充填
モルタル充填
埋め戻し、整地

加盟団体