地盤調査・改良工事のエキスパート

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験は、地表面から概ね深度10mまでの軟弱層の土の硬軟、締まり具合などを判別するための抵抗値を求める試験です。戸建住宅など小規模建築物の支持力特性を把握する目的の地盤調査方法として広く利用されている試験です。

スウェーデン式サウンディング試験仕様

スウェーデン式サウンディング試験仕様
スウェーデン式サウンディング 試験状況
スウェーデン式サウンディング
試験状況

試験方法

  1. ロッドの先端にスクリューを取り付け、ロッドに25kgのおもりを25kg、50kg、75kg、100kgと、4回に分けて載せ、地盤の中に食い込む深さを測ります(貫入量)。
  2. 100kgのおもりを載せたままハンドルを回転させて、25cmの深さまで貫入し、貫入に必要な半回転数(180度)を数えます。
  3. 同様に、 50cm、75cm、100cmと、25cm(0.25m)ずつ貫入していき半回転数を数えます。
  4. 25cmの貫入に要した回転数を1mあたりに計算します。
  5. 1mあたりの回転数から、換算N値(地盤の強度)が計算されます。

特徴

  • 試験方法は汎用性があり比較的簡便に作業ができる。
  • 試験は簡便で費用も安価である。
  • データが連続的に測定でき、データはファイルで保存される。
  • 試験結果は N値に換算して地盤強度を確認できる。
  • 測定データを現場から事務所に送付でき、データのとりまとめが瞬時にできる。

加盟団体