業務内容|JFD環境部門

土壌汚染調査

あなたの土地は大丈夫ですか?

土壌汚染はあなたが原因だけで起こるとは限りません。周辺の工場等から地下水を通ってあなたの土地の地下にも汚染がきている可能性があります。
私たちはあなたの土地の土壌汚染状況を調査します。

資料等調査(地歴調査) 概況調査 詳細調査(深度調査) 解析 対策工法

資料等調査(地歴調査)

対象地及び周辺の土地の使用履歴を、資料等により調査を行い、「土壌汚染の存在の可能性」の有無を判断します。

調査内容

  • 地形図、住宅地図、不動産登記簿、地質図等を用いた土地利用の変遷確認
  • 航空写真を用いた土地利用の変遷確認、現地踏査
  • 土壌汚染対策法による指定区域の台帳、特定有害物質使用施設の一覧表、特定施設
    届出事業所名簿等による判断
  • 周辺環境の調査、有害原因物質の推定、地形・地質より拡散状況の推定
航空写真(旧) 航空写真(新)

ページの上に戻る|業務内容 JFD環境部門「土壌汚染調査」

概況調査

概況調査では対象地において、「汚染の有無」、汚染の平面分布を判定します。
@ 表層ガス調査(第一種特定有害物質の有無)
A 表層土壌の採取(第二、三種特定有害物質の有無)

調査方法

@土壌ガス採取
地表から深度1mまで孔をあけ、地中に分布する土壌ガスを採取して汚染物質の有無を判定します。
A表層土壌採取
表層から 5cmの試料と50cmまでの試料を当量採取し混合して1試料とする。
5地点混合法で採取した試料を室内分析し汚染物質の有無を判定する。
土壌ガス採取 表層土壌試料採取

ページの上に戻る|業務内容 JFD環境部門「土壌汚染調査」

詳細調査(深度調査)

表層土壌試料採取

詳細調査では、概況調査によって汚染が判明した範囲及び有害物質が
浸透した恐れのある範囲等について、ボーリング調査を行い3次元的に
鉛直汚染分布を把握します。

調査方法

ボーリング調査
地層の把握、土壌試料採取、地下水観測孔の設置
地下水流向の把握
地下水位観測孔
透水性の把握
透水試験、土質試験、揚水試験

ページの上に戻る|業務内容 JFD環境部門「土壌汚染調査」

対策工法

対策工法は以下のものが汎用的に使用されており、汚染状況によって対策工法を提案していく。

  • @ 原位置浄化
  • A 掘削除去
  • B 封じ込め

揮発性有機化合物等の対策技術

揮発性有機化合物等の対策技術

重金属等の対策技術

重金属等の対策技術

土壌汚染調査メニュー

アセスZERO お申し込み

JFDエンジニアリング 環境部門

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332お問い合わせ|環境部門|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|土壌汚染調査|環境部門|JFDエンジニアリング