業務内容|JFD環境部門

JFD環境部門 調査の種類

アセスZERO 簡易地歴調査アセスONE 地歴調査アセスTWO 慨況土壌調査

名 称 アセスZERO 簡易地歴調査 アセスONE 地歴調査 アセスTWO 慨況土壌調査
調査概要 土壌汚染の可能性を
判断する簡易な調査
土壌汚染の可能性
を評価する調査
土壌を採取・分析して
汚染の有無を判断する


調
住宅地図 年代毎の土地
利用を確認
 
登記簿調査 土地所有者の
変還を確認
 
公的調査 汚染地域に
含まれるか
どうかの判断
 
一般資料 地形図、地質図、
航空写真など
   
その他 現地ヒアリング    


調
(第一種有害物質)
土壌ガス調査
揮発性有機
化合物調査
   
(第ニ種有害物質)
重金属類調査
溶出量・
含有量調査
   
(第三種有害物質)
農薬類調査
溶出量調査    
  • アセスZEROは簡易な地歴調査で、詳細な資料が必要な場合はアセスONEとなる。
  • 地歴調査は土壌汚染の可能性の有無であり、汚染の有無を判断するにはアセスTWO(土壌汚染調査)
    が必要となる。
  • アセスTWOは概況調査で各種1検体の調査とする。
  • 汚染の分布範囲の特定には更に詳細な調査が必要となる。

JFD環境部門 調査の種類

地歴調査

アセスZERO 簡易地歴調査

1.法務局調査

土地の登記簿謄本の記載事項からその土地の過去の所有者、建物の種類、工場等の履歴の変遷を調べます。

登記簿

2.住宅地図調査

対象地及び周辺の土地利用を過去の年代毎の住宅地図から調べ土地利用状況を確認します。

住宅地図

3.指定区域調査

都道府県の指定する土壌汚染区域に含まれるかどうかを調べます。

都道府県の指定する土壌汚染区域の調査

ページの上に戻る|業務内容 JFD環境部門「地歴調査・土壌調査」

アセスONE 地歴調査

4.一般資料

地形図、地質図、航空写真等により更に詳細に対象地の過去の地形の変遷、地質状況、周辺の変遷を調査します。

地形図、地質図、航空写真

5.その他

現地ヒアリングを行い、地域住民しか知り得ない事項をヒアリング等により聴取し、汚染の可能性について確認します。現地状況写真を撮り周辺の状況説明を加えます。

現地状況
現地状況

ヒアリング結果 【 例 】
地元の古老の話によると、戦後対象地では○○工場が稼動していた。
戦前は井戸水により生活用水としていた。
対象地北西には○○豆腐店があり地下用水を使用して営業している。
対象地にはかつてクリーニング店があり営業を行っていた。

ページの上に戻る|業務内容 JFD環境部門「地歴調査・土壌調査」

土壌調査

アセスTWO 慨況土壌調査

1.土壌ガス調査(第1種特定有害物質 揮発性有機化合物)

汚染の可能性の確認として、敷地地表面から1mの孔を掘削しそこから吸引されるガス内に有害物質があるかどうかの確認を行う。

2.土壌試料分析(第2種特定有害物質 重金属類)

敷地地表面から50cm以内の土壌を採取し、重金属類の土壌分析を行う。
分析項目は溶出量・含有量分析について行う。

3.土壌試料分析(第3種特定有害物質 農薬類)

敷地地表面から50cm以内の土壌を採取し、農薬類の土壌分析を行う。
分析項目は溶出量分析について行う。

表層ガス採取法・表層土壌試料採取法

土壌汚染調査にいつて、詳しくはこちら

土壌汚染調査にいつて、詳しくはこちら

ページの上に戻る|地歴調査・土壌調査|環境部門|JFDエンジニアリング