業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤調査

平板載荷試験

原地盤に剛な載荷板を設置して荷重を与え、この荷重の大きさと載荷板の沈下との関係から地盤の変形や強さなどの支持力特性を調べるための試験を行う。

調査深度は載荷板(通常は直径 30cm)の1.5〜2.0倍程度の深さを対象とする地盤調査として用いられる。

載荷板を水平に置き、荷重計、変位計、ジャッキをセットし油圧ショベルやアンカー杭等の反力を載荷板に与え試験を行う。

平板載荷試験装置
平板載荷試験装置

平板載荷試験状況
平板載荷試験状況

特徴

  • 地盤の支持力を直接確認できる。
  • 測定した地盤支持力を設計に直接使用できる。
  • 狭い場所でも試験が可能である。
  • 作業員は2人程度で作業可能である。

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング