業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤調査

ボーリング調査(標準貫入試験)(JIS A 1219)

通常はロータリー式ボーリング機械により地盤内に孔を掘り、深度1m毎にハンマー重量63.5kg、落下高さ75cmで自由落下させ、30cm貫入する打撃回数をN値として測定する。
ロッドの先端にサンプラーを付け、サンプラーが30cm貫入する間の土の試料を採取し試料観察を行う。

標準貫入試験装置
標準貫入試験装置

標準貫入試験状況
標準貫入試験状況

特徴

  • 通常の地盤調査で最も汎用的に用いられる。
  • 測定値の N値よって地盤の強度特性が把握できる。
  • N値の打設と共にサンプラーによって地盤試料が採取でき地層の確認、土質区分が可能である。
  • 採取した試料の含水状態によって、地下水の分布状況が把握できる。

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング