業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤調査

オートマチックラムサウンディング試験

オートマチックラムサウンディング試験は、スウェーデンで開発され、 1974年に日本に導入された試験方法です。
この試験は自動貫入装置、自動引抜き装置、ロッド及びコーン構成され、でハンマー重量63.5kg、落下高さ50cmで行い、貫入量20cm毎の打撃回数を測定する。
打撃回数を数えこれを補正した値をNd値とし、補正後のNd値は標準貫入試験のN値と同様に扱うことができます。

オートマチックラムサウンディング試験機
オートマチックラムサウンディング試験機

特徴

  • 貫入、引抜きが自動的に行える。
  • 引抜き時の抵抗を低減するためにコーンが離脱する構造となっている。
  • トルクを測定することによって周面摩擦の影響を補正することができる。
  • 標準貫入試験との整合性がよく、N値との対応がよい。
  • 標準貫入試験と比べると費用が安価である。
  • 調査深度は 30m程度まで可能である。
  • N値が30程度までの地盤での調査が可能である。

1.自動連続貫入装置
2.自動引抜装置
3.ロッドおよびコーン
オートマチックラムサウンディング装置

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング