業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤調査

スウェーデン式サウンディング試験(JIS A 1221)

スウェーデン式サウンディング試験は、地表面から概ね深度 10mまでの軟弱層の土の硬軟、締まり具合などを判別するための抵抗値を求める試験です。戸建住宅など小規模建築物の支持力特性を把握する目的の地盤調査方法として広く利用されている試験です。


スウェーデン式サウンディング試験仕様


スウェーデン式サウンディング試験状況

試験方法

  1. ロッドの先端にスクリューを取り付け、ロッドに25kgのおもりを25kg、50kg、75kg、100kgと、4回に分けて載せ、地盤の中に食い込む深さを測ります(貫入量)。
  2. 100kgのおもりを載せたままハンドルを回転させて、25cmの深さまで貫入し、貫入に必要な半回転数(180度)を数えます。
  3. 同様に、 50cm、75cm、100cmと、25cm(0.25m)ずつ貫入していき半回転数を数えます。
  4. 25cmの貫入に要した回転数を1mあたりに計算します。
  5. 1mあたりの回転数から、換算N値(地盤の強度)が計算されます。

特徴

  • 試験方法は汎用性があり比較的簡便に作業ができる。
  • 試験は簡便で費用も安価である。
  • データが連続的に測定でき、データはファイルで保存される。
  • 試験結果は N値に換算して地盤強度を確認できる。
  • 測定データを現場から事務所に送付でき、データのとりまとめが瞬時にできる。

ページの上に戻る|業務内容−地盤調査「スウェーデン式サウンディング試験」JFD地盤調査・改良工事部門

住宅地盤第三者認証システム G-Web system

住宅地盤第三者認証システム G-Web system

耐震偽装に端を発した一連の不祥事により、建築業界は信頼回復という大きな課題を市場より与えられております。
私ども地盤調査業界においても、調査結果に対する信頼性の確保、トレーサビリティの確立が求められております。

このような状況の中「確かな地盤調査を証明する方法」はないだろうかという、業界からのニーズに対応すべく「G-Web system」 は誕生しました。

私たちはITを導入した新しい地盤調査システムである「G-Web system」 の提供を通じて、 信頼できる調査結果に電子認証という「証」(あかし)をつけて、皆さまにお届けいたします。
また、ハード・ソフトの両面から管理を行うことにより、さらなる地盤調査のクオリティアップを実現いたします。

G-Web systemのシステム概略図

住宅の基礎構造部分を担う住宅地盤において、地盤調査の明確で正しい基準が求められています。
住宅地盤第三者認証システム 「G-Web system」 は 「電子認証」 をキーワードとし、全自動地盤調査機・GPS・タイムスタンプを最大限に使用した地盤調査の明確で正しい基準の標準化を目指します。

G-Web systemのシステム概略図

G-Web systemのポイント

G-Web systemポイント1-入力ミスや改竄を防止

全自動地盤調査機「ジオカルテU」を用いて地盤調査データを自動計測、そのデータに 電子認証をつけることにより、スマートフォンと各サーバ間の通信を暗号化します。 また、最終成果物として報告書が自動作成されます。
入力から出力までを全て自動化することにより、手動による人的ミスや改竄を防止します。

G-Web systemポイント2-トレーサビリティ(追跡可能性の確立)

ジオカルテUにGPSを装着させることにより、位置情報、スマートフォンからタイムデータをとり、現場写真に付与します。GPS情報は現場でしか取得できず、またスマートフォンのタイムデータは送信後暗号化されます。これらの方法により信頼性を確保、現場の実作業から作業報告までのトレーサビリティ(追跡可能性の確立)を確立します。

G-Web systemポイント3-業務管理の効率化

クライアントへの最終的な報告書提出まで、全てのフェーズでシステム化により自動化を実現していますので、
業務管理効率が大幅に改善されます。

今までは、人による計測・入力・認証の為、ミスや改竄が起こり易い。 これからは 自動計測|全自動地盤調査機 「ジオカルテU」 による地盤調査。 調査データを 暗号化し転送|● GPSデータ(世界測地計・世界標準時刻)●タイムスタンプ(調査時刻の刻印)●地盤調査データ●現場写真データ 電子認証|G-Webサーバにてデータを取得転送された暗号化データの復元後、「電子データ認証」の署名が入った地盤調査報告書を自動作成。日本ベリサインの 電子認証ソリューションを採用。

G-Web systemの詳細は下記へ別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング