業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤改良工事

DM(ダブルメタル)工法

このDM(ダブルメタル)工法は、小口径鋼管先端部に鋼管径の 3.0倍及び3.5倍の大きさの鋳物(ダクタイル鋳鉄)製の螺旋翼(先端翼)を取り付け、鋼管地盤補強材として使用する工法です。

(財)日本建築総合研究所 建築技術性能証明
GBRC 性能証明 第 10-01 号取得

 

DM(ダブルメタル)工法の6つの特徴

DM(ダブルメタル)工法の6つの特徴

1.品質
先端翼は国土交通大臣より認定を受けた工場にて鋳鉄製羽根付き先端翼「FCD450A」を製造します。
認定を受けた工場には品質管理責任者や溶接資格者が常駐しており、品質管理体制は万全です。
2.性能
鋼管先端部に鋼管径の 3.0倍、3.5倍の先端翼(鋳鉄製羽根付き先端翼)を装備した地盤補強材を使用し、
換算N値5〜15までの粘性土質、砂質土地盤に適応可能である
3.環境
先端翼は鋳鉄製で多くの鉄スクラップを使用して製造しております。
資源を再利用します。施工機械がコンパクトなので低騒音・低振動で近隣環境にも優しく優れた工法です。
またセメントを使用しないので産業廃棄物となる排土も出ない優れた工法です。
4.価格
鋼管径が 101.6mmと非常にコンパクトなので施工性に優れ、工期が短くなります。
先端翼がボルト接合のため溶接が省けます。先端翼と鋼管を分解して運べるので効率よく材料運搬できます。
あらゆる場面でローコスト化を実現します!
5.利便
スウェーデン式サウンディング試験結果を用いた支持力算定式で鉛直支持力を求めるので、
あらゆる現場に対応出来、ボーリング試験を必要としません
6.保証
コンプライアンスを準拠した設計施工や施工データのトレサビリティーが機能しているので保証も安心です。
地盤総合保証 『THE LAND』 も対象建物であれば付けられます。

材料仕様

(図1)DM工法の鋼管と先端翼の組み合わせ (図2)DM工法 A断面(図3)DM工法 B断面
DM(ダブルメタル)工法の鋼管と先端翼の組み合わせ
先端平均
換算N値の
範囲
鋼管の種類 先端翼の種類 許容鉛直
支持力
Ra1*2
(kN)
鋼種 鋼管径
D
(mm)
肉厚
tw
(mm)
鋼種 拡翼率
シリーズ
先端翼径
Dw(mm)
板厚
tow*1
(mm)
5≦Navg≦15 STK400 101.6 4.0〜6.0 FCD450-10 3.0倍径 290 12 ≦49.6
≦99.2
3.5倍径 350 12 ≦72.2
≦144.4

*1 : 板厚(tow)は中心から103mmの位置における厚みを示した。
*2 : 許容鉛直支持力(Ra1)の上段は長期許容鉛直支持力、下段は短期許容鉛直支持力を示した。

適用範囲と許容支持力

  • 鋼管外径 101.6mm
  • 先端翼260mm、350m
  • 適用地盤粘性土地盤、砂質土地盤( N値=5〜15)
  • 最大施工深さ施工地盤面から本体部軸径の 130倍(13.2m)以下
  • 適用建築物地上3階以下、高さ 13m以下、軒高9m以下、延べ床面積500m2以下、高さ 3.5m以下の擁壁
許容先端支持力
鋼管と先端翼の組み合わせ 長期先端支持力 (kN)
杭軸部径
D
(mm)
拡翼率
シリーズ
先端翼径
Dw
(mm)
有効先端
面積
Ap(m2)
SWS試験における1mあたりの半回転数 Nsw 換算N値
40 60 80 100 120 140 160 180 200 220 240
5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
101.6 3.0 290.0 0.0495 16.5 19.8 23.1 26.4 29.7 33 36.3 39.6 42.9 46.2 49.5
3.5 350.0 0.0722 24.1 28.9 33.7 38.5 43.3 48.1 52.9 57.8 62.6 67.4 72.2

DM(ダブルメタル)工法の施工手順

1.先端翼の取付け

材料の受入検査を行い、先端翼と鋼管をボルトで固定。

DM(ダブルメタル)工法の施工手順 / 1.先端翼の取付け DM(ダブルメタル)工法の施工手順 写真
2.補強材の建て込み

鋼管を吊り先端を芯にセットする

DM(ダブルメタル)工法の施工手順 / 2.補強剤の建て込み DM(ダブルメタル)工法の施工手順 写真
3.回転貫入

鋼管を地盤中に回転貫入させる。

DM(ダブルメタル)工法の施工手順 / 3.回転貫入 DM(ダブルメタル)工法の施工手順 写真
4.継手

下杭を適切な位置で打ち止め、
上杭を接続。

DM(ダブルメタル)工法の施工手順 / 4.継手 DM(ダブルメタル)工法の施工手順 写真
5.打ち止め

所定の深度まで回転貫入し
打ち止める。

DM(ダブルメタル)工法の施工手順 / 5.打ち止め DM(ダブルメタル)工法の施工手順 写真
6.施工完了

芯ズレが許容値内であることを
確認して施工完了。

DM(ダブルメタル)工法の施工手順 / 6.施工完了 DM(ダブルメタル)工法の施工手順 写真

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング