業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤改良工事

ジオクロス工法(連続繊維補強シート)

基礎直下に繊維補強シートを敷いて不同沈下と沈下量を防止する工法です。使用するシートは引張強度、引裂強度が大きく、荷重を分散する耐久性の高い住宅地盤補強シートを使用します。

シートを 2 方向に(縦横)に敷設することにより、土のせん断抵抗を高め、住居の不同沈下を防ぎます。
また、土に加わっている力をシート補強材に均等に分散させることにより、均質地盤を形成することを目的とする工法です。

特徴

  1. 地盤改良深さが大きくなった場合、ジオクロスを使用することで改良厚さを大幅に縮小できます。
  2. 軟弱層が厚く、杭や地盤改良のコストが高いとき他工法よりも安価となる。
  3. 掘削深度が浅いので、残土処分量が少なくてすむ。
  4. 狭い現場でも作業性がよく、作業時間も短時間ですむ。
  5. 埋設物、文化財等で杭や地盤改良ができない場合、使用可能である。
  6. 地下水への汚染の可能性がない。
  7. 作業には振動、騒音がないため、近隣に迷惑をかけない。
  8. 作業性がよく雨天でも作業可能であり、基礎工事の中で作業が可能である。

ジオクロス工法(連続繊維補強シート)の作業方法

ジオクロス作業方法

ジオクロス工法(連続繊維補強シート)の施工手順

1作業準備

砕石敷き、転圧完了後

1.作業準備
2ジオクロス展開

短辺方向にジオクロス展開

2.ジオクロス展開
3端部の固定

ジオクロス端部の巻き込み

3.端部の固定
4ジオクロスの固定

端部はU型フックにより固定する

4.ジオクロスの固定
5短辺方向の展張

ジオクロス短辺方向展張完了

5.短辺方向の展張
6長辺方向の展張

ジオクロス長辺方向展張完了、作業完了

6.長辺方向の展張

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング