業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤改良工事

柱状改良工法

セメント系固化材を水と混ぜてスラリー状にして、地盤内にポンプで注入し、撹拌翼によって対象土と混合して撹拌することによって化学的に固化して改良柱体を造成するものである。

建物荷重に必要な支持地盤が比較的深い部分にあり、地表面から軟弱層が続く場合に用いられる工法である。
表層地盤改良が難しい場合に対応出来る。

施工は攪拌翼を地中で回転及び上下させ、スラリーと軟弱土の混合・攪拌を行う事により地盤内に改良柱体を築造し、地盤の安定を図る工法である。

特徴

  • 施工機械が比較的小型で、無振動、無騒音型である。
  • 通常の改良深度は 10m以内である。
  • 改良深度は支持地盤に応じて対応可能である。
  • 軟弱土をそのまま利用して改良可能である。
  • 工期が短い。 (一般的な戸建住宅であれば1〜3日間)
  • 支持杭工法と比較し、施工費用が安価である。

1.所定の深さまでスラリーと共に撹拌
所定の深さまでスラリーと共に撹拌

2.固化材スラリーを注入しながら撹拌混合
固化材スラリーを注入しながら撹拌混合

3.基礎通りに杭打設します。
基礎通りに杭打設します。

4.完成
完成

柱状改良工法作業状況
柱状改良工法作業状況

柱状改良作業状況

1堀削開始
1.堀削開始
2堀進中
2.堀進中
3改良中

固化材をスラリーにして混合撹拌

3.改良中
4堀進終了

 

4.堀進終了
5杭頭部仕上げ

杭径 Ø600mm

5.杭頭部仕上げ
6供試体作成

改良強度の確認

6.供試体作成

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング