業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤改良工事

小口径鋼管杭工法

軟弱層が比較的厚く、含水量が高く、通常の混合処理では施工が難しい場合などに、小口径鋼管を地盤内の支持層まで打設して、建物荷重の支持杭として利用するものである。

特徴

  • 杭を回転、貫入させるため振動、騒音がほとんどない。
  • 水、固化材を使用しないので設備が少なくて済む。
  • 改良深度は 10m程度までが一般的である。
  • 削孔により排土がほとんどないため、残土処分の必要がない。
  • 地下水の影響をほとんど受けない 。
  • 杭長は地盤深度に応じて設定できる。
  • 支持地盤が傾斜していても対応可能である。
  • 工期が短い。(一般的な戸建住宅であれば1〜3日間)

1.機械に取り付けられた杭を、地面と垂直に立てます。
機械に取り付けられた杭を、
地面と垂直に立てます。

2.機械の重さを利用しながら、モーター部分により、杭を回転させ、設計深度まで杭を到達させます。
機械の重さを利用しながら、モーター部分により、
杭を回転させ、設計深度まで杭を到達させます。

3.基礎通りに杭を打設します。
基礎通りに杭を打設します。

4.完成
完成

ページの上に戻る|業務内容−地盤改良工事「小口径鋼管杭工法」JFD地盤調査・改良工事部門

小口径鋼管杭工法作業状況

1建て込み
1.建て込み
2打設
2.打設
3接続
3.接続
4溶接
4.溶接
5打ち止め
5.打ち止め
6打設完了
6.打設完了

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング