業務内容|JFD地盤調査・改良工事部門

地盤改良工事

表層改良工法

地表からの浅い部分( 3m程度)の軟弱層の改良工法として用いられる。
通常は、セメント系固化材(地盤改良材)の粉体を散布し、施工機械により混合撹拌を繰り返した後、転圧・締固めを行い、強固な地盤を形成し地盤支持力を高める。

特徴

  • 軟弱土をそのまま利用するため、土の入れ替えが不要で残土処分が比較的発生しにくい。
  • 工期が短い。 (一般的な戸建住宅であれば1〜2日間)
  • 固化材の選定により、ほとんどの土質に適用出来る。
  • 試験結果は N値に換算して地盤強度を確認できる。
  • 固化材の添加量により、任意の強度設計が可能である。

1.土の掘削及び固化材の混合、撹拌
土の掘削及び固化材の混合、撹拌

2.埋め戻し
埋め戻し

3.締め固め
締め固め

4.完成
完成

お問い合わせ先|JFDエンジニアリング

JFDエンジニアリング

TEL/ 06-6531-3326 FAX/ 06-6531-3332 お問い合わせ|JFDエンジニアリング

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル10階

ページの上に戻る|建設部門|JFDエンジニアリング